TOEICのスコアをアップさせるためにシャドーイングによるトレーニングをしているという人は多いのではないでしょうか。このシャドーイングとは英単語を1~2語くらい聞き取った後で、追いかけるようにしてその単語を口にするトレーニング方法です。リピートは一定の長さの英語を聞き取ってから口に出すことを繰り返す方法ですが、シャドーイングは英単語1つか2つという短い間隔で繰り返していきます。そして、聴き取った単語を出来るだけそっくりに真似るようにするのがポイントです。慣れるまでは聞きながら発音するという行為を難しく感じますが、慣れてくると自然と口から聞き取った英単語が出てくるようになり、自分の発音やイントネーションなどをリスニング音源に合わせてすぐに調整することができるようになります。もともとは同時通訳のためのトレーニング方法の一つでしたが、TOEICのためのリスニング力アップにもとても有効です。

TOEIC対策に効果的なオーバーラッピングとは

オーバーラッピングはTOEICのリスニング対策のトレーニング方法として効果的であることが知られています。このオーバーラッピングという方法は、簡単にいうと、英文を見てそのリスニング音源の音声と一緒に音読するという訓練方法です。シャドーイングは1つや2つの単語を聞いた後から追いかけるようにして口に出すのに対して、オーバーラッピングは好きな洋楽を聞きながら、歌詞を一緒に口ずさむように一緒に発音するという違いがあります。オーバーラッピングの効果としては、まず英語のアクセントや独特なリズム感や抑揚などが見に付きます。そして、英単語同士の連続による音の連結や消失といった部分も身に付けることができます。最後の英語の発音を聞き取るリスニング力が鍛えられるという点です。流れてくる音声と自分の発音を一緒にして音読するというこのオーバーラッピングに取り組むことでTOEICのスコアアップが可能になるでしょう。

TOEICを受験するメリットとは

近年ではグローバル化が進み、英会話や英語力を身に付けている方も珍しくありません。中でも企業が人材に求める条件としてビジネス英会話が喋れる事を必須としている所も沢山あります。しかし、この時にいくら英語に自信があっても形として履歴書に記載されていなければ認めてもらえないケースがあります。こんな時はご自身の英語力を把握してもらいやすくする為に、TOEICの点数を記載する事が一般的となっています。TOEICは聞く、読む、話す、書くといった英語能力を判断するために行われるテストです。ある程度英語が得意としている方は、実際にご自身の英語力を把握していない方も沢山いらっしゃいます。TOEICの高得点を目指す事によって採用時の基準として、海外で活躍する為と様々なメリットがあります。しっかり対策をとって挑戦してみてはいかがでしょうか。